山善 デスクファン YDS-J144(WA)

山善デスクファン YDS-J144(WA)っていうのを購入しました。
161011_02.jpg
今の時期に購入したのは自分の暑さ対策じゃなくってプロジェクターの熱対策で。
プロジェクターの排熱する方向は壁なのもあるし、部屋の構造的に熱がこもりやすいみたい。
壁とはスペースあけてるけど、うまく排熱しきれてないのか、長時間使ってるとファンの音が大きくなる感じだから、うまく熱を逃がそうと思って。
夏場はエアコンの冷房風で気にならなかったけど、これから冬に向かって暖房を使うようになると不安なとこもあるから。
161011_03.jpg
取りあえずこんな感じで置いてみました。
送風用は二段階だけど、弱でいけるか強にしたほうがいいのか、使ってみて様子をみます。

テープLEDでテーブル下に照明

プロジェクターを使う時は部屋の電気を消してるからリモコンのボタンが見えないの^^;
何とかしようと思って秋葉原のakibaピカリ館っていうお店にいってテープLEDを物色。
160926_02.jpg
DC5V 3528テープLED 60LED/m 防水 電球色っていうのをmini USB 点滅調光コントローラー と一緒に購入しました。
通常の12Vのじゃなくって5Vのにしたのは、明るさはそんなに無くていいのとコンパクトに出来そうだったから。
USBタイプの5Vだから、家にACアダプタが結構あるものね。
160926_03.jpg
1mの長さあるけど、テーブル下は50cmもあれば十分。
もったいないから、半分に切って折り返す事にしました。
ユニット単位でのカットは可能だから、そこでチョキンと。
160926_04.jpg
シリコン樹脂防水されてるから、カットしたとこの端子部分をカッターで露出させて線をハンダ付けしてきました。
+とRGBの4端子あるから、それを全部結線して熱収縮チューブでカバーしておきました。
これをテーブル下に貼って、無事に照明は完成。
明るさを調光ユニットで調整して準備完了。
ちゃんと設定した明るさは記録されるから、あとは電源ボタンだけでOK。

これで真っ暗にしててもリモコンのボタン類も見れます(^^)

EPSON EB-W420のランプ交換時期

プロジェクターは光源ランプの寿命があるんで、今回購入したEPSON EB-W420の光源寿命を調べてみました。
[FAQ番号:034813]ランプの交換時期|よくある質問(FAQ)|エプソン
この機種の光源ランプ、ELPLP88の寿命は下記の通りみたいです。

[明るさ切替][高]で使い続けた場合:約4900時間
[明るさ切替][低]で使い続けた場合:約9900時間

家で映画を見る用に明るさは[低]にしてるから、相当もちそう。
でも光源は使用時間によって明るさの変化もあるから、半分くらいに見積もっても5000時間弱。

映画を見る時にしか使ってないから、交換時期と交換部品の供給停止や故障のどちらが早いかですね。
様子をみて交換用ランプを予備で購入するか考えます。

EPSON ビジネスプロジェクター EB-W420

手に入れてから二ヶ月使ったけど白点が出るようになってきたTAXAN KG-PS233Xhっていうプロジェクターの代わりを色々考えてEPSON ビジネスプロジェクター EB-W420っていうのにしました。
160921_02.jpg
最初ホームプロジェクター EH-TW530っていうのにしようかなって思ったけど、販売開始から2年経ってるからそろそろ新型も出るかなって思うとこもあるし、3Dは使わないから安価なほうをって思って。
他のメーカーも考えたけど、交換用ランプの値段や修理の事を考えてEPSONにしました。
160921_03.jpg
早速セッティング開始。
前のプロジェクターの配線等を外して置き換えました。
電源を入れて画面の表示範囲をみながら位置決めをしていきます。
一番画角を狭くしても前のプロジェクターより前に出さないとスクリーンに収まりませんでした。
その為にHDMIケーブルが微妙に足りなくなっちゃったから、延長してる部分を2mから3mに変更。
プロジェクターが前に出たおかげで角度調整用のプロジェクター・スタビライザーの下にひいて高さを稼いでた台も要らなくなって外しておきました。

プロジェクターの位置や角度も決まったから、今度は画面の細かな調整です。
{節電] > [明るさ切替] > [低]
明るさを下げたおかげで、元も前のプロジェクターよりファンの音が小さかったけど、殆ど気にならない静けさになりました。
[画質] > [カラーモード] > [シネマ]
見るのは殆ど映画だからシネマモードにしてみました。
あんまり明るくしすぎると、黒が映えないみたい。

ちょっと気になるのは明るい画面の時に微妙に縞模様が出るような?
スクリーンとの相性かしら。
そんなに気になるほど目立つ訳じゃないんですけどね。
設定でどうにかなるか、調整していってみようかなって思ってます。

あとは映画を見ながら細かな位置の調整もかな?
排熱も籠もらないようにしないと。
丁度排気のスリットがあるほうが壁面だから、少しスペースを空けるようにしました。

前のプロジェクター、ランプの使用時間をチェックしたら410時間になってました。
100時間ほど使ったみたい。
映画は36本観たようです。

プロジェクターの白点、増えてきました(ToT)

ここのとこプロジェクターを使うとスクリーンに白点が出てたの、段々多くなってきちゃいました(ToT)
160920_01.jpg
まだ画面の端のほうが主で中央のほうはそんなでも無いから、何とか見れるけど気になります^^;
試しにケースを外してみました。
160920_02.jpg
やっぱり液晶~レンスの部分は囲われてますね。
ちょっとシロウトが手を出しちゃうと後が大変そう。
あと、中から小さな歯車が一個出てきました。
どこの???^^;

結構年式古いのだし、寿命かしら。
メーカー修理に出してもいいけど、結構お金かかっちゃいそう?
映画36本見れたし、プロジェクターの凄さも判ったから、新しいのを自分で購入しようと思って機種選定中です。

プロジェクターに白点

一週間ぶりくらいにプロジェクターの電源入れたら、スクリーンに白点が!?
160911_02.jpg
灰色の丸の中にある白い点がそれ。
最初ゴミのせいかなって思ったけど、形状からして液晶のドット抜けっぽいかも。
古い機種だから仕方ないですね。
まだそんなに気にならないけど、やっぱりそのうち新しいのにしなきゃかな?

ONKYO TX-NR656をDTS:X対応にアップデート

AVレシーバーのONKYO TX-NR656のセットアップメニューからアップデートのチェックをしたら、新しいファームウェアが来てたんで当てました。
先月末にはアップデートが配布されてたんですね。

これでDTS:X対応になるようです。
アップデート中はHDMI接続してる機器の操作はしないようにしました。
失敗しちゃうと大変だものね^^;

20~30分ほどかかったけど、無事に終了。
AVレシーバーの表示部分に「Completed!」って出たから、本体のON/STANDBYスイッチを押して終了。
リモコンの電源スイッチじゃダメってなってました。
危ないあぶない。

再度電源が入ると「See TV」って表示になってAccuEQ Room Calibrationをやり直せって。
測定用マイクを引っ張り出してセッティングしてから接続して音場測定しなおしました。

このAVレシーバー、たまに音が消える時あったりしたけど、これで安定してくれればいいな。

アンプの置き換え

親のところに昔使ってたAVアンプその他を持っていって山水のピュアオーディオ・アンプと置き換えました。
140718_03.jpg

AU-D707Xっていうアンプでしたけど、山水も倒産しちゃってるのもありし、映画を5.1chで見れるようにしたかったから。
早速裏側を見て、配線チェックしてから前のアンプを外してONKYO TX-SA608に置き換えました。
160910_02.jpg
FM/AMチューナーは調子悪いから一緒に外して、取りあえず古いVHSデッキやDVDレコーダーはそのままにしておきました。
今は使ってないBDプレーヤーも設置したけどHDMIケーブルが足りないんで配線まではしてません^^;
160910_03.jpg
3.11で倒れてカバー部分が一部壊れてから配線してなかったBOSE 601 series IIも配線しなおして鳴るのをチェックして大丈夫だったから一安心。

フロントのセンタースピーカーはいいけど、リアスピーカーをどうするかとか何にするかはもう少し考えてからにしようと思います。

Dolby Atmosイネーブルドスピーカー SKH-410

Dolby Atmos対応にする為に5.1.2chにしてみようと思って、Dolby Atmosイネーブルドスピーカー ONKYO SKH-410を購入しました。
160830_02.jpg
5.1chにプラス天井に向けた反響2chだから5.1.2chなのかな?
思ったよりは大きいスピーカーでした。
160830_03.jpg
取りあえずフロントの左右スピーカーの上に設置する事にしました。
これに合わせて、今までフロント左右用に配線してたスピーカーケーブルを仮でイネーブルドスピーカー用として、フロント左右とセンタースピーカーのケーブルを新しいものに交換しました。
おかげで汗だく^^;

今回新調したAVレシーバーはDolby Atomosに対応してるから5.1.2chに設定を変えてスピーカーの音場測定して設定しました。
YouTubeにあるDolby Atomosのテスト用動画を見て、どんな感じかチェック。
何となく上からも音が来ますね。

フロントから上に向けて反響させるか、天井にスピーカーを設置するかは色々試してからにしようと思います。

TX-NR656の電源管理

この前から使い出してるAVレシーバーのTX-NR656、BDレコーダーとかが録画状態になったときは大丈夫なんですけど、CSチューナーのほうが録画で電源ONになるとAVアンプの電源もONになっちゃいます。
BDレコーダーは録画状態になってもスリープ状態と同じで画面とか出ないから大丈夫みたい。
これはちょっと困りもの。
夜中とかに音出ちゃうと困るもの。
どこかで設定出来ないかって試行錯誤してみました。

セットアップメニューからハードウェア -> 電源管理 -> 自動スタンバイをオンにして、その下にあるHDMIスタンバイスルー時の自動スタンバイをオフにしてみたら、CSチューナーの電源は入ってもAVレシーバーは電源オンにはなりませんでした。

【追記】
やっぱりダメだったから、CSチューナーのHDMI連動を切りました。

久々にレコードプレーヤー

プレーヤーのチェックも兼ねて久しぶりにEPレコードをかけてみました。
160828_01.jpg
PIONEER PL-505っていうクォーツ・ダイレクトドライブでフルオートのプレーヤーです。
針は純正からaudio-technica VM型ステレオカートリッジ AT120Ebっていうのに交換してあります。

あれ、レコードクリーナーのスプレー切れてた^^;
あとアームの動きがシブくなってたから、ちょっとメンテ。
無事にフルオート作動しました(^^)

YAMAHA フォノイコライザー HA-5

最近のアンプにはレコードプレーヤーを接続するPHONO端子もついてなかったから、YAMAHA フォノイコライザー HA-5っていうのを使ってましたけど、新しいAVレシーバーには最近のレコードブームもあるのかPHONO端子があるからお役御免となりました。
160827_05.jpg
またアンプを替えるときにPHONO端子無くなるかもだから、一応保存しておきましょ。

7.2ch対応AVレシーバー ONKYO TX-NR656

半年くらい前から買い換えたいなって思ってたAVアンプ、新型がもうすぐ出そう・・・とか値下がりするはず・・・って思ってるうちに今になっちゃった。
思い立って買い換える事してポチっと。
近くの店舗でも結構安く出てるけど、重量物は運ぶの大変だから通販で。
160827_01.jpg
届いた~~~(^^)
7.2ch対応AVレシーバー ONKYO TX-NR656っていうのにしました。
ONKYOのAVアンプはこれで3代目。
160827_02.jpg
早速今までのAVアンプPioneer N-30 ネットワーク・オーディオ・プレーヤーやFMチューナーを外します。
事前にケーブル類にはマーキングしておいたから、付け替えは簡単。
今は殆どHDMIケーブルだものね。
160827_03.jpg
結構な数の機材を外しました。
これらが今は全部AVレシーバー内に入ってるんだものね。
格段の進歩です。
160827_04.jpg
一台にまとまってスッキリ。

早速セットアップ開始です。
いまは小さな表示窓じゃなくってTV画面を見ながら出来るから、楽ちん。
同報されてる専用マイクをリスニングポイントに設置して音場の測定とかは手慣れたもの。

TVが少し前のでAudio Return Channel(ARC)に対応してないからHDMIの他に光ケーブルでも接続してるけど、そこらへんでちょっと失敗。
なんかイジってるうちに出来たから、いっか(^^)

今回のにはHDMI出力が2つあって、MAINはTVでSUBはプロジェクターに接続。
出力のチェックでハマりました^^;
PanasonicのBDレコーダー、DMR-BRZ1010からの出力をプロジェクターに出すと640x480で4:3になっちゃう?
古いプロジェクターでHDMI信号VGA変換コンバーターを介し繋いでるから?
何かAVレシーバー側に設定あるかなって色々探したけど無し。
前のAVアンプでは16:9で出てたのに~
失敗しちゃったかなって思いながら、ふとBDレコーダー側のTV出力を自動判別から1080p固定にしたら無事にプロジェクターも16:9で出るようになりました(´▽`) ホッ
試しに1080iにしてみたら画面がブレる感じだから、元の1080pにしました。
もう一台のBDレコーダー、DMR-BW690も同じ症状だから、TV出力設定を同様に設定しなおして無事に表示出来るようになりました。
BDプレーヤーCSチューナー、Rasperry Piのメディアプレーヤー、Fire TV Stick、ChromeCastでは特にいじらないでも表示OK。
よかった~

HDMI入力7系列(+AUX 1系列)あるから、手持ちのHDMI機材を全部こちらに接続することもできました。
これでスッキリ。

AirPlayやネットラジオ、FMチューナーも入ったのはいいですね~
最近はレコード需要も高まってるからか、久々にPHONO端子もあるし。
スマホにアプリ入れればリモコンになるのも便利ですね。

マニュアルは薄くて細かな事はあんまり判らず^^;
それだけ設定が簡略化されてるのかも?
詳しいアドバンスド・マニュアルはpdfでありました。

Dolby Atmos用のイネーブルドスピーカーも設置しようとは思ってますが、それは後日。
まだAtomos対応のソフトも持ってないしね。

AirPlayは前のN-30とは違ってiTunes側でボリューム調整も出来るのは便利。
最初判らないでボリュームMAXにして爆音出てビックリしちゃった^^;

古いAVアンプは親のところに今度持っていってセットアップしようと思います。

GRDE Bluetooth 4.1スポーツイヤホン 耳掛け式

AmazonのタイムセールでGRDE Bluetooth 4.1スポーツイヤホン 耳掛け式っていうのが安く出てたから、モノは試しで購入してみました。
160820_01.jpg
ネックバンド式でオープンイヤーなのがランニング時に外の音も聞こえて良いかなって思って。
レビューが妙に高評価なのはちょっと変な気も?^^;
ダメなら返品すればいいやって思って。

早速スマホとペアリングして試した感じは、装着感は少し心許ないけどズレる感じは無さそう。
音質もオープンイヤー式にしては低音も出てるかな。
ネックバンド式は髪の毛長いと引っかかったりして大変だけど、今の所それは大丈夫そう。

今度実際のランニングで試してみます。

プロジェクター・スタビライザーの位置固定

この前買った位置を微調整する台のプロジェクター・スタイライザー、置いたプロジェクターが角度的に少し滑って位置がズレやすい感じ。
バンドで固定するっていうのも考えたけど、百均で大きめの防振粘着マットを買ってきて置く事にしました。
70x70x5mmっていうサイズのがあったから、これで十分でしょう。
160819_02.jpg
早速プロジェクター・スタビライザーとプロジェクターの間に入れて再調整。
いい感じです(^^)

置き場所も少し後ろに下げてスクリーン幅いっぱいまで映るようにしました。
これで89インチ相当みたい。
十分な大きさ(^^)