替えのバッテリー&ACアダプタ

Panasonic LUMIX DMC-FZH1の替えのバッテリーとACアダプタが届きました。
180109_01.jpg
純正品は高いからSIGMA Li-ionバッテリー BP-51っていうのにしました。
dp Quattroシリーズ用みたいだけど、Panasonicのと互換性あるみたい。
ACアダプタも。
動作確認も出来ました。
ACアダプタはDCカプラーとACアダプタの接続部分が抜けるのを予防する為に自己融着テープを巻いておきました。

Panasonic DMC-FZH1 テスト その2

飲み会に行く道すがら、Panasonic LUMIX DMC-FZH1の撮影チェックをしてきました。




今回は本体のみでの動画撮影。
クリエイティブ動画モードで動画撮影中に露出補正変更出来るのも確認。
でも内蔵マイクだと操作時のノイズが入っちゃいますね。
180107_01.jpg
EVFでの撮影にも少し慣れてきました。
露出補正した結果が撮影前に分かるのは便利かな?

Panasonic DMC-FZH1 夜景動画撮影テスト

新しい機材の操作に慣れる為に夜景の動画撮影チェック。




全てスタビライザーを使って手持ち。
ちょっと傾くクセがあるから、注意しなきゃ・・・

スタビライザー使用時にはリモコンとかないと動画撮影のスタート/ストップやズーム操作はキツいかも。
手ブレの元?

暗いとこではモニター上では結構明るく見えても動画撮影開始すると暗くなりますね。
写真ではその明るさでも撮れるけど、動画はどうしてもある程度の明るさないとダメみたい。

Panasonic LUMIX DMC-FZH1

去年の夏くらいからビデオカメラの買い換えを考えてました。
今使ってるCANON XL1はminiDVテープ式だしボディーとかが加水分解してきて、ファインダーもダメになってるから。
普段の撮影ならNikon 1 J5の動画撮影機能で十分だけど、連続動画撮影時間が30分以内っていう制限あるから、舞台撮影とかは少し面倒。

新しいビデオカメラ選びでの選択基準は・・・

    ズームリングがあること
    露出補正がしやすいこと
    外部マイクが使えること
    外部モニターが使えること
    4K撮影が出来ること(できたら60pで)
    連続動画撮影時間が無制限

最初は出たばかりのSONY HXR-NX80がいいかなって思ったけど、ちょっと予算的にキツい^^;
次ぎにミラーレス一眼だけど動画機としても結構評判良いみたいなPananosic LUMIX DC-GH5も候補煮上がったけど、交換レンズを買いそろえたりすると結構な出費になりそうなのと、どうしてもスチルカメラのレンズだからパワーズームが無い事で止め。

最終的にPanasonic LUMIX DMC-FZH1に落ち着きました。
4K 60pは出来ないけど、その他は大体合格点な感じ。
j-sky - Panasonic DMC-FZH1の動画撮影テストレポート
色々な使用レポートを読んで、これなら大丈夫かなって。
180105_03.jpg
何度もヨドバシで実機を触って、それでも高額だから踏ん切りつかないで店員さんとお話して、ダメ元で値段交渉したら安くなったから購入を決断。
購入ポイントで買わなきゃって思ってた外部マイクのTASCAM TM-2Xや液晶保護フィルム、レンズ保護フィルターも購入したから、実質ポイント引いた値段で買ったようなものですね。
外部マイクはどうしても内蔵のはフォーカスやズームのノイズ拾いそうだったのとかあったんで。
180105_04.jpg
レンズ交換出来ないだけで普通の一眼くらいの大きさと重さあります。
ズームリングも直接ズームさせるんじゃなくってパワーズームの操作用で、どっちかっていうとビデオカメラ寄りな感じ。
ズームの倍率は想定してるのに少し足りないかなって思ってテレコンレンズとかも考えたけど、iAズームっていうのがあるから何とかなるかな?
ファンクションボタンがいっぱいあるから、マニュアル読んで憶えなきゃ^^;
180105_05.jpg
そのうち別のカメラケージは買おうと思うけど、取りあえず家にあるOpteka X-GRIPを使って仮にセットアップ。
結構ゴツくなりますね~

まだこれから予備のバッテリーやリモコンとかも買わなきゃ。
リモコンは調べてみると純正では動画関係の操作できないけどサードパーティーのではPanasonicのREMOTE端子対応のだと録画スタート/ストップ、ズーム操作も出来るのあるみたい。

仮組みしてみての問題点の一つはイヤホン端子を使って音声モニターする際はフリーアングルモニターを横に出して上向きにしようとすると干渉しちゃうこと。
出来たら動画撮影時には音声モニターしたいから、ここらへんは少し工夫必要そう。
舞台撮影とかではHDMI接続で外部モニターを使うでしょうから問題無いけど。

Opteka X-GRIPのようなスタビライザーを使うとファインダーは使えなくなっちゃうけど、どうやらスタビライザーのせいでアイセンサーが誤動作してモニターが消灯->ファインターに切替っていうのがおこっちゃいました。
ここらへんは設定でアイセンサーを切るようにすれば良いんで、何とか対処できました。

実際の撮影は明日以降かな?
まだSDカードも取りあえず手持ちの16GBのだから、もっと容量大きくてUHS-i Class3対応カードを購入しなきゃ。

YAMAHA パワードスピーカー NX-50

2.1chスピーカーの電源入らなくなっちゃったから、今度はYAMAHA NX-50っていうのにしました。
171220_03.jpg
一足早いクリスマスプレゼント?^^;
色は白にしました。
YAMAHAのスピーカーは初めてかも。
7cmのフルレンジ、バスレフ型ですね。
サブウーハーは無しの2chだけど、結構低音も出てますね。
音も素直そう。

前のようにサテライトスピーカーじゃないから、ちょっと置き場所に試行錯誤が必要かも。
結構奥行きあるものね。

メインPCの2.1chスピーカー、電源入らない~

昨晩からメインPCに使ってたCREATIVE I-Trigue L3800っていうスピーカー、電源入らなくなっちゃいました。
L3800.jpg
今までずーっと通電しっぱなしだったけど、ACタップ交換で外したせい?
その前から調子は悪かったし、ほぼ10年使ってるのだから寿命ですね。
160311_03.jpg
サブPCに使ってたCREATIVE SBS A350を取りあえずメインPCのほうに持ってきました。
良いのが見つかるまではこれで。

サブPCのほうはモニターについてるスピーカーに接続して音は悪いけど確認出来るようにはしておきました。

REGZA 49BZ710XのUpdate

REGZA 49BZ710Xの電源入れたらアップデートがあるっていうんで当てておきました。

動画配信サービス「Amazonプライム・ビデオ」の視聴に対応しました。
動画配信サービス「スカパー!オンデマンド」の視聴に対応しました。
「スカパー!ハイブリッド」に対応しました。

Amazonプライム・ビデオに対応してくれたのは凄い嬉しい(^^)

ONKYO TX-NR656をアップデート

AVレシーバーのONKYO TX-NR656のアップデートのチェックをしたら、新しいファームウェアがあったから当てておきました。

今回はネットでのアップデート配信は停止してたからUSBメモリを使いました。
FAT16かFAT32じゃないとダメっていうから、古い容量小さなのを引っ張り出してきて、アップデーターをコピーして開始。
30分って表示には出てたけど、もっと短く終わった感じ。

新しいファームは新マルチルーム再生機能 "FlareConnect" に対応動作安定性の向上だそうですけど、FlareConnectっていうのはよく判りません^^;

百均で低反発イヤーピース

近くの百均に行った際、低反発イヤーピース売ってたから試しに購入。
171129_02.jpg
コアウェーブ株式会社っていうところの製品みたい。
ダクト部分5.0mm~6.0mmのに合うようです。

今使ってるBluetoothイヤホンのイヤーピースをこちらに変えてみてチェック。
表面が結構ツルってした感じですね。
フィット感はまずまず。
これで1ペア108円なら良いかな。

TaoTronics TT-BH026

タイムセールで500円引きになってたから思わずTaoTronics TT-BH026を購入。
171114_01.jpg
TT-BH07の音は好きだから後継機種のこちらも期待。
最初聞いた感じは低音が弱い感じだったけど、イヤーピースを低反発ウレタン系に替えたら良くなりました。
音の広がりもありますね。
少しイコライザーて調整すると良い感じになりそう。

Lovoski Bluetoothレシーバ

Lovoski Bluetoothレシーバっていうのをお試しで購入。
Lovoski_Bluetooth_01.jpg
中国からこんな感じで送られてきました。
早速自作アンプに繋いでチェック。
Lovoski_Bluetooth_02.jpg
出力がLINEとPHONEの2つ。
LINEのほうは結構出力低いからPHONEのほうに繋いでスマホとペアリングしてみました。
171113_02.jpg
YXY-CY01BTっていう名前で出てきました。
BTMP5V-HPのように中国語のアナウンスでは無く、チャイム音での案内でした。
取りあえず悪く無い感じ。

USBやmicroSDカードでの音楽再生はMP3/WMA/WAVに対応してるようです。

KZ ES3 イヤホン

KZ ES3 イヤホンも買ってみました。
kz_es3.jpg
こちらも1DD+1BA ハイブリッド型。
KZ ZSTの後に出たみたいですね。
ケーブルの差し込みにくさは同じ感じ。

イヤーピースはFSC 低反発ウレタン製のに交換。
耳に収まりも良くなりました。

ZSTのように音に広がりがある感じ。
ピアノのffで音が割れる事は無いみたい。

FSC 低反発 ウレタン製 イヤーピース

先日購入したKZ ZST ハイブリッドドライバ イヤホンのイヤーピースがしっくり来ないから、COMPLYにしようかなって思ってたけど、その前に1度安い低反発ウレタン系のに替えてみます。
171107_01.jpg
FSC 低反発 ウレタン製 イヤーピース Mサイズを購入。
KZ ZSTにもΦは合うはずだから、早速交換。
171107_02.jpg
いい感じに安定感も増しました。
これで取りあえず使ってみます。

KZ ZST ハイブリッド ドライバ イヤホン

KZ ZST ハイブリッド ドライバ イヤホンっていうのを衝動買い。
171106_01.jpg
リケーブル出来てハイブリッド型っていうのも気になったけど、見た目が好きな感じだったから、思わず。

一緒に同じメーカーのBluetoothレシーバーも購入しました。
できたらネックバンド式のほうが好きだけど、2ピンタイプのはまだ検索してもヒットしないから仕方ないですね。
MMCXコネクター式のほうが主流なのかな?
コントローラーは結構大きめで、+-ボタンは2回押すと曲のスキップ、長押しでボリュームでした。
逆のほうが好きだけど・・・仕方ないですね。
171106_02.jpg
早速ケーブルを接続してみたけど、結構固め。
初めてだから、おっかなびっくりでした。
すぐ抜けないようになんでしょうね。

音は悪くなさそう。
低音が強めっていうのを検索すると見かけたけど、そこまで低音が強調された感じでは無いかも。
2017年モデルはバランスが改善されたっていうから、その為かな?
イコライザーやトーンコントロールを切った状態でも悪くは無い感じ。
結構空間の広がりみたいのも感じられます。
ピアノのffの音は少し割れる事あるのは残念。
これで2千円台なら十分かな。

イヤーピースはちょっとフィット感低く感じるから、COMPLYとかの低反発ウレタン系に変えようかなって思っています。
イヤーピースを差し込む部分はノギスで計ってみたらΦ5.5mmだからT400あたりかな?