破壊ランナー

たまたま検索してたら破壊ランナーの舞台再演を3月にやってたみたい!
知ってたら行きたかったのに~~~~(ToT)
DVDが出るっていうんで予約してたのが今日届きました!
120720_01.jpg
観るの楽しみ!!

破壊ランナーは前に惑星ピスタチオっていう劇団の舞台が最初ですね。
これをTV放送したのを当時観て気に入ってたんですよねぇ
音速で走るソニックランっていうのを生身の体だけで舞台上で表現するパワーマイムに驚きました。

作・演出の西田シャトナーさんは舞台「弱虫ペダル」の演出もされてますね。
こっちも観てみたいな!

エンジェル・ウォーズ

公開時に結構気になってたけど見れなかったエンジェル・ウォーズのBDやDVDが出てるそうなんで、早速購入しました。
sucker_punch.jpg
うーん??
なんかめっちゃアニメとかの影響ある感じ。
ちょっと押井守っぽい感じのとこも。
調べてみると、キャラクターデザインで寺田克也さんなんですね。
なるほどって感じかも。

この映画は見る人を選ぶ感じかも。

フォレスト・ガンプ

この前ババ・ガンプ・シュリンプへ行った時にちょっと見たフォレスト・ガンプをモニターで見て、ちゃんと見たくなっちゃいました。
前にチラッと見た覚えはあるんですけど、ちゃんと全部を通して見たかどうかも定かじゃないし^^;
モニターでちょっとみただけでも結構引き込まれるものもありましたし。
forrest_gump_dvd.jpg
廉価版のDVDを買ってきて、早速鑑賞開始。

面白いですね~
最後はやっぱり見てなかったのか、覚えてませんでした^^;
ゼメキス監督作品らしい感じでした。
良い映画でした!

懐かしいSF映画2本

今日はDVDとBDが届きました
110403_01.jpg
未知との遭遇のBDとニルヴァーナのDVDです

未知との遭遇は言うまでも無いですね。
最初はDVDを買おうかと思ったんですが、BDもそんなに変わらない値段で3バージョン収納っていうんで、こちらにしてみました
ファースト・コンタクトもので、結構好きな映画です(^^)

ニルヴァーナはイタリア・フランス合作のSFで、デザインがアメリカとかのとは違ってインパクトありました
サイバーパンク系のSFなのかな
確かレンタルVIDEOで観て、また観たくなったんで今回DVD購入となりました

タルコフスキーのサクリファイス

ちょっと時期的にどうか・・・っていうのはありますが、前から気になってたDVDを購入しました
110329_02.jpg
A・タルコフスキーサクリファイスです
前にTVで放送したのを録画して観たんですが、丁度物語りが展開していく所で録画失敗してて、続きが気になってたんですよね

サクリファイスの他にもストーカーはDVDを購入しました
タルコフスキーの映画は観るのにも心構えが必要なんで、何時みれるかな?

WANTED、ラブソングができるまで

DVDを二枚購入しました
110220_02.jpg
WANTEDラブソングができるまで

ラブソングができるまでを見始めました
80年代風の音楽とか、ほんとそれっぽい感じ
言葉の端々に当時の曲名とかバンド名が出てきたり、BGMでかかってたり
なによりコメディータッチの恋愛映画って好きなんですよねぇ
ホンワカした気持ちになって観終わりました

WANTEDは後日観ます~

宇宙ショーへようこそ、難波弘之さんのCD

先日発売になってたに気がついてオーダーした宇宙ショーへようこそのBDが届きました
110212_01.jpg
早速鑑賞開始!

うーん、楽しかった(^^)
夏休み数日の冒険って感じですね

あと届いたのは難波弘之さんのCD2枚
110212_02.jpg
去年の夏に発売になってたのは知ってたんですが、色々あって今ごろ購入となってしまいました^^;
在庫あってよかった~(´▽`) ホッ
LPでは両アルバム共に持ってはいたんですけどね

南極料理人

このまえWOWOWでやってたのを録画した南極料理人を観ました
110129_02.jpg
良いですね~
日本映画らしい間があって、笑いもあり、ほのぼのとした感じもありって感じです
役者さんも良い味出してました
なにより食べ物が美味しそうです(^^)

前に原作(?)の面白南極料理人(西村淳)は発売当初、書店でみかけて面白そうなんで読んだ記憶あります
久々に読み返したくなっちゃった

MOON 月に囚われた男

DVDのレンタル店にこの前いったとき、妙に気になるタイトルのDVDを見かけました
「月にナントカカントカ」
SFっぽいジャケットだし
今度借りようと思ったけど、なかなか見つけられないで、やっと今日見つけて借りました
moon_movie.jpg
月に囚われた男っていうの
デヴィッド・ボウイの実息、ダンカン・ジョーンズの監督デビュー作だそうです

近未来──地球の資源は底をついた。
宇宙飛行士のサムはエネルギー源を月より地球へ送るために、ルナー・インダストリーズ社よりたった一人で派遣されていた。
月での生活は、毎日決まった時間に起き、ランニングマシーンに乗り、ヘリウム3を採掘するだけの日々。
話し相手はコンピューターのガーティだけ。
地球との交信は衛星の故障によりできず、録音したメッセージをやり取りするのみ・・・。
3年という契約期間を淡々とこなし、やっと、地球に戻れる日が2週間後に迫っていたのだが―――!?

低予算のSFだそうで、確かに月の重力っていう描写がされてなかったりはしてます
殆ど密室サスペンスのような感じ
月基地外のシーンもありますが、CGではなくミニチュアみたい
大勢が出てくるような感じのものでも無く、派手なシーンも無い静かなSFです

でも結構面白かった
最初はサイコものっぽくなるのかと思ったら・・・
90分はアッという間に終わった感じです

涼宮ハルヒの消失

今日は劇場版 涼宮ハルヒの消失限定版Blu-rayが届きました
101218_06.jpg
劇場では観なかったけど、観ておこうと思って買っちゃいました
時間あるときに観ましょ!
101218_07.jpg
なんだかんだで観てないのが溜まってきちゃった!^^;

宇宙戦艦ヤマトは廉価版が出たし、この前の実写版観た後だから、つい劇場版を購入
配達はヤマト運輸でした
ヤマトがYamatoで・・・ですかソーデスカ

SPACE BATTLESHIP ヤマト

実写版宇宙戦艦ヤマト「SPACE BATTLESHIP ヤマト」も公開されて一段落してるかなって思って、今日思い立って観に行く事にしました
うちから近いのは109シネマズ木場だから、良席予約っていうシステムを使って、事前に席の確保をしておきます
座席の大まかな指定も出来るんでチェックすると、丁度いい場所の真ん中の席が取れるようなんで、それで購入!
あとは現地にいって発券するだけです

地下鉄に乗って木場まで
101212_01.jpg
イトーヨーカドー木場店
ここの3Fなんでエスカレーターで上がって発券機でチケットを手に入れて、開場時間を待ちます
101212_02.jpg
久しぶりに来ました(^^)
何となくワクワクしますね

程なくして席について回りを見渡して「久しぶりの映画館」を楽しみました
この映画はなるべく情報を耳にしたくなかったんで、回りで観た人の意見もあんまり見たり聞いたりしないようにしてました
観終わってみるとなるほど、こーいう感じにしたんですね
アニメ「宇宙戦艦ヤマト」かっていうとちょっと疑問符もあるけど、十分楽しく観れました
途中何度か涙出ちゃいましたし^^;

キムタクは「古代進」って感じじゃなかったですけどね^^;
取りあえず劇場版「宇宙戦艦ヤマト」を見返そうかな??

科学考証っていうかSF考証は・・・まぁ、ヤマトですから(笑)
それでも「これはどーなの?」っていうシーンもあったりしましたけど

そうそう、ストーリーとは関係ないとこで、ふと思った事
第一艦橋とかって、あんなに狭くなっちゃうもの?
なんか全体的にヤマトが小さく見えたし

あとは映画観終わったら激怒してる人がいました
後ろに座ってた子供4~5人が動くわ喋るわだった模様
シネコン前のフロアでも人の迷惑関係無く走り回ってたし
親もいるけど、注意すらしないでいると思ったら
あれじゃ怒っても仕方ないでしょ
席が近くなくって良かった

映画鑑賞な日

外はいいお天気だし、昨晩の飲み会も少し飲み過ぎた感じはあったけど二日酔いにもならないで平穏な日
でも何となく疲れてるんで家で映画を観てました

一作目はセブンティーン・アゲイン
17again.jpg
これはWOWOWで吹き替え版を放送したのを録画してたんで、それを観ました
37歳の人が突然17歳になり、二度目のハイスクール・ライフを送り・・・って感じの作品です
ハイスクール・ミュージカルのザック・エフロンが主演なんですね~
その37歳役はフレンズのチャンドラー役をやっていたマシュー・ペリーでした
ザックのバスケシーンはハイスクール・ミュージカルとかでもあったから、お手の物?
結構面白く観れました(^^)

その後はAmazonで評判の良さそうだったから買ってみたBlu-ray、オーケストラ
le_concert.jpg

劇場清掃員として働くさえない中年男アンドレイ・フィリポフ(アレクセイ・グシュコブ)は、かつてはロシア・ボリショイ交響楽団で主席を務めた天才指揮者だった。彼は、共産主義時代、"ユダヤ主義者と人民の敵"と称されたユダヤ系の演奏家たち全員の排斥を拒絶し、名声の絶頂期に解雇されたのだった。
ある日、清掃中にアンドレイは、1枚のFAXを目にする。それは、演奏を取りやめたサンフランシスコ交響楽団の代わりに、パリのプレイエルに出演するオーケストラを2週間以内に見つけたいという内容だった。その瞬間、彼は、かつての仲間を集めて偽のオーケストラを結成、ボリショイ交響楽団代表としてパリに乗り込むことを思いつく。

この映画はラストにあるチャイコフスキー バイオリン協奏曲、10分強の為にある感じ
それまでオーケストラの演奏シーンは殆ど無いし^^;
でも、コンサートシーンは圧巻でした
最近はのだめ人気もあったから、こういう映画はもっと受けそうな気もしますけど
何となく、見終わってからブラス!を観返したくなりました

初めてのBlu-rayソフトは・・・

初めて買ったBlu-rayソフトはコレでした
namino_kazu_dake.jpg
ホイチョイの波の数だけ抱きしめて
ホイチョイ作品で唯一DVD化もされてなかったのが、知らない間にBlu-ray&DVD化されてたみたい
Blu-rayプレーヤーを買ったんだし、どうせならってBlu-rayのを買っちゃいました
高解像度の恩恵を受けるソフトかは謎ですけど、私らしいかなって(笑)
この映画は公開当時、劇場でも観ましたっけ
残念なのはこれにはコメンタリートラックとかが無い事
馬場監督のコメントを聞きたかったのにな

一緒にコレも買ってるんですけどね
2001_space.jpg
2001年宇宙の旅のBlu-ray
DVDでも持ってないから、良い機会かな~って思って

Blu-ray のパッケージってDVDのより少し背が低くなってるんですね
おかげで少しコンパクトに感じます(^^)

DAVE

気持ちが温かくなるような映画が観たくなって、DAVEのDVDを引っ張りだしてきました
dave_movie.jpg

彼は替え玉。でも最高にワンダフルな大統領!

大統領にそっくりなデーヴは、一度だけの代役を引き受ける。しかし、当の大統領が脳卒中になり、やむを得ずそのまま替え玉を続けることに...。意外にもデーヴの優しさが、国民の支持を獲得。冷え切っていたファーストレディ、エレンの心をも溶かしていく。しかし、その裏では次期大統領を狙う首席補佐官ボブの策略が着々と進行していた。
ケビン・クライン、シガーニー・ウィーバー共演。アイバン・ライトマン製作・監督の傑作ハートフル・コメディ。また、シュワルツェネッガー、オリバー・ストーン他、各界の著名人も数多く実名で出演している。


ハッピーエンドのハートフル・コメディーですね
いいお話です
amazonのレビューもどれも絶賛してますね
自分の好きな映画を他の方々も好きだっていうのは、何となく嬉しいです(^^)

確かこの映画は劇場公開時にケビン・クラインとシガニー・ウィーバーっていうんで気になってて、ビデオがレンタルされた時に観てみました
それ以来、気に入ってDVDも買いました

wikipediaをみてみたら、この映画の紹介が妙に力入ってるんでビックリ(笑)
デーヴ - Wikipedia

多くの人に観てもらいた映画ですね
今日は吹き替えで観たけど、ちょっと印象が違うかも?
出来たら字幕で観てもらいたい感じ

TRON

今度TRON LEGACYが公開されるそうなんで、昔懐かしいTRONのDVDを観てみました
101031_02.jpg
流石に1982年に作られた映画だけに、今みると古い感じはいなめませんね
でもあの当時は、これでも相当凄かった記憶あります

この映画が公開された1982年当時のパソコンっていえば
パソコンの歴史1982年
まだMS-DOS 1.1とか1.25なんていう時代
NECのPC-9801が発表された年なんですね

このLightbikeのシーンは感動しましたっけ

観終わった後にTRON LEGACYのTrailerを観ると・・・

当たり前といえば当たり前ですけど、凄い映像の進化
でも昔のも味があって好きですね(^^)

のだめカンタービレ 最終楽章 後編

のだめカンタービレ最終楽章 後編のDVDを購入してたんで、AVアンプも新しくしたんで早速観てみました
101010_01_.jpg
既にマンガとかでは読んでるんですが、実写版ではどうなってるかなって

今までとは少し違い、今回は少しシリアスムード?
ミルヒのだめの競演シーンはリハのとことか無くって、いきなりコンサートシーンでしたね
もっとコンサートシーンとかあると思ったら、そーでもありませんでした^^;
でも大団円かな?
これで終わりかと思うと、感慨深いものもありますね

マンガは番外編でオペラをやってるけど・・・実写では??