TaoTronics TT-BH05

Amazonさんで安く出てたBluetoothヘッドホンを衝動買い。
151005_02.jpg
TaoTronics TT-BH05っていうの。
2千円しなかったから、ものは試しで。
151005_03.jpg
イヤホン間を繋ぐケーブルはフラットなもので少し細め?
コントローラー部分は思ったより大きい感じですね。
microUSBの端子カバーはちょっと心許ない感じ^^;

お昼を食べに行くときに試しに使ってみたところ、右耳のほうだけがちょっと落ちやすかったですね。
コントローラーに引っ張られるのかな?
イヤーピースを大きいのに替えてもあまり変化なし。
151005_04.jpg
eイヤホンCOMPLY T-200に交換してみると落ちにくくなって満足(^^)

雪乃音流舞踊会の撮影

年1回の曳舟文化センターへビデオ撮影しにいってきました。
151004_01.jpg
京成本線の高架化も去年はまだ片方だけだったけど、今回は上り下り共に高架になってましたね~
ビックリ。
151004_02.jpg
で、ビデオカメラ2台で今回は休みなし3時間半の撮影。
つ~か~れ~た~~~~(笑)
途中でトイレ行きたくならないでよかった(´▽`) ホッ

今回は事前に機材チェックしてたおかげで現場でバタバタしないで済みました。
ただminiDVのテープチェンジでちょっとトラぶるとこあって慌てました^^;

歌謡曲での日舞だから「こんな曲もあるんだ~」ってちょっと新鮮だったりしました。
これ、演歌だけどアレンジはR&Bとかだよね・・・とか。

とにかく疲れたからサクッと帰宅~

加水分解したとこを掃除

先日ビデオ撮影機材をチェックしたらCANON XL1の一部が加水分解でベタベタ。
151001_04.jpg
ネットで調べてみると、無水アルコールを含ませたメラミンスポンジで拭くといいとか。

早速ドラッグストアで無水アルコールを購入して、家にあるメラミンスポンジに含ませながら拭いてみました。
落ちますね~
そのぶん、すぐメラミンスポンジが汚れちゃうから、小まめにキレイなのに替えてきました。

取りあえず使用出来そうなとこまで落ちたから、取りあえずこれでヨシとしましょ。

SoundPEATS Q9の返品~再購入

この前購入したSoundPEATS Q9を使ってたら不具合が出てきました。

30分くらい使用してたら突然音声アナウンスが間延びして電源off。
その他にも充電してケーブルを抜いてもLEDが消えない。
2日くらい放置してたらバッテリーが放電しちゃってた。

こんな事があったから、返品処理をしました。
出来たら交換が良かったんですけど、返品対応だけなんで仕方なく。
Amazonの返品処理に沿って進めていって、送り返して数日後にはポイントが返金されてました。
151003_04.jpg
再度購入手続きして今日届きました。
でも今回購入はちょっと値上がりしててショボン。

これをまた使っていって不具合出ないかチェックですね。
中華っぽいデバイスは初期不良も多そうだもの・・・

ビデオ撮影機材の事前チェック

はたと気づけば撮影依頼されてたの、今度の日曜だった!
慌てて機材のチェック。
去年は機材チェックしないで現場いって、バックアップ電池が上がってて慌てたんで、今年はちゃんとチェック。
151001_04.jpg
流石にCANONのほうは年期ものだから、グリップのラバーコートが加水分解しかけてるから、明日にでもちょっと拭き取りしなきゃ。
151001_05.jpg
サブのほうは充電しとけばOKかな?
マニュアル読み返しておいたほうがいいかもだけど。
あ、pdfのマニュアルをKindleにつっこんでおけば大丈夫かな??

SoundPEATS Q800

時間制限のセールで2千円ちょいっていう安さになってたからSoundPEATS Q800っていうちょっと変わったBluetoothヘッドホンを買ってみました。
150927_03.jpg
本体部分は首のかけるようになってて、イヤホン部分がケーブルで接続されてます。
これでスポーツ仕様っていうんで、走っても大丈夫かなって思って実際に使ってみました。
走っててもズレる感じはなくって安定してますね~
ちょっとビックリ。

本体部分は堅いのかと思ったら左右操作部分を繋ぐとこは軟かいゴムみたいな表面素材でズレを防ぐみたい。
イヤホン部分はマグネットで本体の先に付けられるから、ちょっと外しておくときも落ちる事はないですね。

残念だったのはスマホの位置によって受信状態が結構シビアだったこと。
ウエストポーチに入れたスマホを背中側に回すと途切れ途切れになっちゃいました。
同じSoungPEATSの他のBluetoothヘッドホンはそんなことなかったのに。
これはスマホのほうの性能もあるのかもですけどね。

走り終わると結構本体部分は汗ついてました。
充電用USB端子にゴムカバーをきちんとつけておかないと位置的にも汗入っちゃいそう?

音質はSoundPEATSらしい低音が聞いた音でした。
再生は10時間もつらしいので、長時間聞くときにはいいかも?

Aukey EP-B11にCOMPLY T-500

Aukey EP-B11のイヤーピース、試行錯誤してます。
今度はCOMPLY T-500っていうのを試してみることにしました。
150926_09.jpg
eイヤホンにいってお試し用の1個売りしてるCOMPLY T-500 Mサイズを購入。
事前にEP-B11のイヤーピース部分のサイズは計っておいたし、COMPLYのサイズも調べておきました。
500番がφ4.5mmで丁度いいはず。
150926_10.jpg
早速交換してみると、ぴったりはまりました(^^)
装着してみると低反発なイヤーピースのおかげか、しっかり耳の穴に入って安定する感じ。
標準では低音が逃げちゃってスカスカする感じだったけど、ドッシリと低音が出てくるようになりました。

あとは走ってみてチェックですね~

Aukey EP-B11にFit Wing

Bluetoothヘッドホン Aukey EP-B11の音質をちょっと改善出来るかなって思ってイヤーピースを先日購入した TDK Fit Wingに替えてみました。
150916_03.jpg
ちょっとユルいかなって思ってチェック。
EP-B11の径は4.5mm、Fit Wingの内径は5.0mmだから、少し大きめなんですね。
それでもすぐ外れるってほどじゃないから、これで使ってみることにします。

ただランニング時は外の音が聞こえたほうがいいんで、あんまりフィットしすぎても??

アンプ搭載MP3プレーヤーモジュール [MP3-4901001AMP]

aitendoのサイトをみてたら、ちょっとイジってみたいモジュールあったからお店にいってきました。
150916_02.jpg
アンプ搭載MP3プレーヤーモジュール [MP3-4901001AMP] っていうmp3/wavを再生出来て3W+3Wのアンプも内蔵してるモジュールを購入。
それと一緒にMP3プレーヤーI/Fボード [K-MP3IFB] A/Dスイッチキット [AD3KEY12X12] やケーブルも購入しました。
I/FボードのはこのMP3プレーヤーモジュール用のキットで操作系や電源、スピーカー出力端子を付ける為のもの。
ただ操作用のスイッチをもしかすると別に取り付けるかもなので、スイッチキットも念のために購入しました。

取りあえず、ケースに入れるかどうかとか、色々考えてから作る事にしましょ。

TDK イヤーピース Fit Wing TEP-BKWH8

Bluetoothヘッドホンの装着感っていうか走ってるときのズレを押さえる為に何かいいイヤーピース無いかなって試しに数種類買ってきてみました。
150915_02.jpg
結構お値段も色々なんですね。
そんなに高くないのを買ってみました。
イヤーピースをつけるところの径が違うと使えないから、目測で大丈夫そうなのをチョイス。
150915_03.jpg
その中でちょっと格好が変わってたんで気になったTDK イヤーピース Fit Wing TEP-BKWH8っていうのを試してみたら、結構いい感じ。
このイヤーピースは小さな羽が2カ所出てて、大きなほうを上にするみたい。
150915_04.jpg
SoundPEATS QY7に試しにつけてみると、前より耳の中での安定感が増した感じですね。
調べてみると、安いわりに評価高いみたい。

こういうイヤーピースは人によって合う合わないが結構出そうだから、色々試してみるしかないですね。
そのうちCOMPLYのも試してみたいとこです。

Aukey EP-B11

Bluetoothヘッドホンを色々試してみて、今の所ランニング時に一番良かったのがAukey EP-B11っていうの。
aukey_ep-b11.jpg
イヤーフックタイプで装着がちょっと手間取るけど、そのぶん運動時でも安心感があります。
フック部分は柔らかめな素材で作られてて、ケースから出したときに少し角度ついちゃってたけど、ドライヤーで加熱してから整えて冷風で固定して戻りました。

コントローラーが右耳側に別であるんで、もしかすると気になる人もいるかも。
コントローラーが別でボタンが大きいのは扱い易いですけどね。
Bluetoothの受信も安定してます。

難点は右耳、左耳の判別はしにくいとこ^^;
モールドあるけど、見にくいんですよね。
150913_01.jpg
なんだかんだでBluetoothヘッドホンも増えちゃった。
これはその一部。
どれもそんなに高いものじゃないけど、一長一短がある感じ。

Bluetoothステレオラジオヘッドフォン 3H-866

あきばおーにいったら安いBluetoothヘッドホンがあったから、試しに購入。
Webで出てる価格より店頭価格は少しだけ安かったですね。
3H-866.jpg
3H-866っていう型番がプリントされてました。
ヘッドホンの基本的な形は昔買ったMJ-168っていうヘッドホン型mp3プレーヤーと一緒。
FMも聞けるけど、周波数は87.5~108MHzってなってました。
でも実機の表示では64~108MHzとなってて、ちゃんと受信してるみたい。
周波数スキャンも出来るし。
あとはmicroSDも刺せるようになっててmp3を直接再生出来るようになってます。

USBケーブル刺しても充電なかなか終わらないって思ってたらバッテリーが入ってなくって、パッケージの中にありました。
150911_03.jpg
早速右のハウジングのとこのカバーを外して装着。
無事に充電開始しました。
バッテリーはBL-5Bタイプみたいだから、入手は簡単ですね。

スマホと試しにペアリングしてみると「866」っていう型番で見えました。
通信方式はBluetooth V2.0+EDRで出力はclass2だとか。
A2DP/AVRCPに対応だそうです。
音は許容範囲かな?
SCMS-T非対応っていう表示が出てるから、ワンセグとかの音声はこちらのヘッドホンではBluetooth経由では聞けないってことですね。

左のハウジング部分にある表示がカラー液晶じゃなくってモノクロ液晶に色をつけてる感じなのが安っぽいかも^^;
そのままモノクロでいいのに。
電源スイッチやモード切り替えボタンのとこのモールドがヘタってて読みづらいとかあるけど、安いから仕方ないですね~

soundPEATS Q9 Bluetooth ワイヤレスイヤホン

amazonさんからBluetoothヘッドホンが届きました。
150903_04.jpg
soundPEATS Q9 Bluetooth ワイヤレスイヤホンっていうの。
今までは同じ soundPEATSのQY7っていうのを使ってたけど、耳の状態によっては耳の穴からズレちゃう事が偶にある感じ。
湿気のせい?
走りながらだとストレスになるから、耳たぶにフックがつく形のを試してみる事にして購入。
soundPEATS_Q9.jpg
この形なら少しくらい耳の穴からズレても落ちないですね。
イヤホン間を繋ぐコードはQY7と同じ感じの平型。
音質はこちらのほうが落ち着いた感じかも。
低音も結構出ています。

今度走る時に試してみましょ(^^)

4.3インチ液晶モニターのチェック

日中に購入した4.3インチ液晶モニター [MNT043A12V-B]を早速チェック。
手持ちの12V 2AのACアダプタに繋いでみました。
何となく画面がチラっとした感じだから動いてはいるのかな?
電源スイッチとか無いから、そのままじゃ判りません^^;

ミニコンポのDVDにVIDEOケーブルを繋いでみます。
RCAジャックは黄色と白があるから、取りあえず黄色のほう。
スピーカーは無いからどちらのRCAジャックもビデオ入力なんでしょうね。

DVDの電源を入れて背面のスイッチを適当に触ってみます。
一番上のが入力切り替えっぽい?
画面出ました(^^)
150826_05.jpg
真中のスイッチで明るさやコントラスト、言語などを切り替える画面が出ますね。
日本語を選択してみました。
でもAC外しても設定忘れないかは未チェック^^;

DVDをかけてみると、そんなに悪くない感じ。
このお値段だったら十分ですね(^^)

4.3インチ液晶モニター [MNT043A12V-B]購入

久々にaitendo4.3インチ液晶モニター [MNT043A12V-B]っていうのを購入。
150826_03.jpg

入力:コンポジットビデオ(NTSC/PAL)、2ch
接続:RCAジャック
出力:4.3インチ、480x272
動作電源:12V
接続:2.1/5.5mmジャック

接続のRCAケーブルは本体から直接出ていて取り外しは出ない構造ですね。
裏面に3つボタンがあるけど、刻印無し。
マニュアルっていうほどじゃない紙が1枚入ってるけど、そこらへんの説明は無しですね。
取りあえず電源繋いでみて動作確認しなきゃ。

12Vで2.1/5.5mmジャックだったら、うちにあるので大丈夫かな?
付属の電源ケーブルをテスターでチェックしてみるとセンターは+で大丈夫そう。

用途はビデオ撮影時のモニタだから、これくらいで十分。

BDレコーダーがいつの間にか満杯^^;

今日、お昼にPanasonicのほうのBDレコーダーが録画準備の点滅からなかなか点灯にならないんで、あれ?って思ってチェック。
HDDが満杯でした^^;
ここのところ録画したのをBD-Rに焼いてなかったら・・・
慌てて手持ちのBD-Rに焼けるだけ焼いて、それでも全然足りてないから50枚スピンドルをポチっと。
届いたら焼きまくらないと!

Stereo誌 2015年8月号+α

頼んであったStereo誌 2015年8月号ONTOMO MOOK Stereo編 スピーカー工作の基本&実例集 2015年版が届きました。
150721_04.jpg
発売日は先週末だったけど、予約してたのに届くのに時間かかっちゃったみたい。

今回はフォステクス製10cmフルレンジ・スピーカーユニットがついてくるのと、それを使ったバックロードホン・エンクロージャーを作るキット。
バックロードホーンは気になってたんですよね~
時間あるときに作ろうと思います。

YDA138搭載デジタルアンプ 3号機作成

案の定今日は雨。
先週末に作ろうと思ってたデジタルアンプを作成することにしました。
前にも作ってるYDA138搭載デジタルアンプの3号機。
専用ケースは使わずにアクリル板の天板をつけるから、部品の高さとかには余裕持たせられる予定なんですよね~
事前にアクリル板は加工しておきました。
150621_01.jpg
このアンプは前にも2回作ってるから、部品配置と極性を間違わないようにして、サクサク作ってけました。
入力カップリングやインダクタは標準のものから変更してるんで、そこらへんを収まるように手直し。
今回使用した入力カップリングは「USA ILLINOIS ポリプロピレンフィルムコンデンサ 160V/1μF」に、インダクタは「MIDEN社 防磁インダクタ 22μH 大型防磁インダクタ 低歪」にしました。
どちらもキット内に入ってたものより大型だから、足を曲げたり熱収縮チューブでリークしないようにしたりしました。
150621_02.jpg
前に作ったときは2カ所、チップコンデンサで実装済みだったとこ、今回は実装されてなく自分で電解コンデンサをつけるようになってたけど、前も予備パーツで交換できるようになってたからSMDを外す手間省けて良かった?(笑)

天板とかは事前に予想して加工してました。
実際パーツが乗った状態でうまくスイッチの配置いってるかドキドキものでしたけど、無事にOK。
スペーサーは手持ちのを適当に使ったから、ちょっとアンバランスなとこあるけど、そこは後日修正します。
150621_03.jpg
今まで使ってたTA2020-020を使ってた素組みのアンプから、今回作成したYDA138を使ったのに配線をつなぎ替えて、チェック~
ん、悪くない感じ。
もう少し下が出てくれると、もっと好みだけどね~
150621_04.jpg
1時間ほどで出来上がりました(^^)
ここのとこジョギングだマシントレーニングだって体動かしてばっかりだったから、たまには家に籠もってこんなことも。

MP3プレーヤーモジュール [JHC-309WMA-V3]

この前aitendoで買ったMP3プレーヤーモジュール [JHC-309WMA-V3] リチウムポリマー電池をハンダ付けしました。
150607_01.jpg
2カ所つけるだけだから、ハンダ付けしたっていう程じゃないですね^^;

早速動作チェック。
スイッチを切り替えるとバッテリー駆動もします。
mp3データはスイッチをoffにしても再度onにしたときは止まったとこから再生されるようですね。

このままではちょっと使いにくいから、どうするか考えましょ。
電池はこのままだと断線しやすいものね。